産み分けゼリーに副作用はある?危険性は問題ない?

シマウマの置物

産み分けゼリーに副作用はあるのでしょうか? 当サイトでは産み分けゼリーに副作用がないという見解で紹介しています。なぜ、そのような見解にいたったのかを順に紹介していきます。また、副作用がなくても危険性がある商品は海外にいくつも存在しています。副作用と危険性の両方の観点から産み分けゼリーの特徴を理解した上で妊活に活用すると良いでしょう。

産み分けゼリーの仕組み

産み分けゼリーは、男の子と女の子の性別が決まる仕組みを上手に利用した商品となります。男女の性別が決まるポイントは性染色体にあります。通常、女性はX染色体しか持ち合わせていません。男性はY染色体の精子とX染色体の精子を持ち合わせています。要するに性別が決まるポイントは男性側の精子の種類にあります。X精子が卵子と受精すればXX染色体で女の子、Y精子が卵子と受精すればXY染色体で男の子が生まれます。

産み分けゼリーでそれぞれの精子が有利な環境を作る

それぞれの性別の子供を授かれる産み分けゼリーを使用すると、女性の膣のPh値をコントロールしてくれます。X精子とY精子はそれぞれ、Ph値によって活動的になる特徴があります。X精子は酸性に強くアルカリ性に弱い、Y精子は酸性に弱くアルカリ性に強い。そうです、X精子とY精子は正反対の特徴を持ちます。膣のPh値を希望する性別の精子が有利な環境に傾ければ、希望する性別の子供が生まれる可能性が高くなります。この効果が産み分けゼリーのもっとも重要な部分となります。

産み分けゼリーに副作用はない

上記で説明した通り、産み分けゼリーは膣にゼリーを注入してエッチをすることを目的とした商品なので、そもそも体内に入りません。このことからも危険性がないと言えると思います。また、各社の産み分けゼリーに含まれる成分は天然由来の成分のみとなっているので、安心して利用できます。食品や化粧品に使うような成分が中心となっているので肌荒れなども心配も不要となっています。心配な方は腕などでパッチテストをした上で使用すると安心して利用できます。

産み分けゼリーに危険性はある?

産み分けゼリーに危険性はありません。皮膚刺激性試驗をクリアしている上に間違って口に入っても安全な成分のみで構成されています。危険性無く利用できますが、どうしても心配な方は利用しないようにしましょう。また、かかりつけの産婦人科で相談するのもひとつの手段としておすすめできます。

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。産み分けゼリーに副作用や危険性がないことが理解できたと思います。産み分けゼリーを使う決断ができれば将来の理想の家族計画を実現する可能性が高まります。初めて産み分けゼリーを使う決断はとても難しいと思いますが、今まで何万世帯もの人が利用していますが、赤ちゃんや女性本人に障害が起きた報告はありません。それでも不安な方は産み分けゼリーの使用をおすすめしません。まずは、ベイビーサポートかハローベビーガールの公式サイトで購入しましょう!

スポンサーリンク