ベイビーサポート以外で産み分け成功率を高める3つのコツ

笑顔の女の子

当サイトでは使うだけで男女の産み分け成功の可能性を高めることができるベイビーサポート産み分けゼリーや、ハローベビーシリーズを紹介しています。産み分けゼリーは自宅で出来る自然な産み分け法として多くの女性から愛用されている商品です。産み分けは100%成功するワケではありませんが、産み分けゼリーは産み分け成功率を高める効果が期待できることから利用する人がたくさんいます。特に2人目、3人目の子供で産み分けを希望する夫婦が多い傾向にあります。今回は、ベイビーサポートを使う以外に産み分け成功率を高める3つのコツを紹介していきます。

産み分けとは

産み分けは、希望する性別の子供を授かるために夫婦で協力して行う方法の全てを指します。
大きく分けると、ベイビーサポートを活用した自宅で手軽に出来る産み分け法、体の仕組みを利用した産み分けグッズを使用しない産み分け法、病院・クリニックで出来る産み分け法の3つに大別することができます。まず、最初に男女の性別が決まる仕組みを理解しましょう!

ここで紹介する産み分け法を行うと、必然的に妊娠のチャンスが限定されてしまいます。高齢出産で一日でも早く妊娠したいと考えているなら、ベイビーサポートで手軽に産み分け成功率を高める方法がおすすめです。

男女の性別が決まる仕組み

産み分け前に理解しておきたいのが、男女の性別が決まる仕組みです。男女の性別は、精子の種類によって下記の通り決定します。※精子は、X精子とY精子の2種類が存在します。女性はX染色体の性染色体しか持たないので男性の性染色体であるX染色体とY染色体のどちらをもらうかで性別が決まります。
下記で記載しているX精子は、X染色体精子、Y精子はY染色体精子です。

     

  • 女の子が生まれる……X精子が卵子と受精する(XX染色体で女の子が生まれる)
  • 男の子が生まれる……Y精子が卵子と受精する(XY染色体で男の子が生まれる)

上記の通りとなっています。X精子は、活動量が弱いが生命力が長く酸性の状態で力を発揮して、アルカリ性の状態だと力が弱まります。反対にY精子は、活動量が多いが生命力が短くアルカリ性で力が発揮されて、酸性だと力が弱まります。すでにお分かりだと思いますが、X精子とY精子は正反対の特徴を持ちます。要するにそれぞれの精子が卵子と受精しやすい環境を作ろうとする活動すべてが産み分けにあたります。

産み分け法を行えば100%の確率で希望する性別の子供を授かれるワケではありません。体の仕組みを利用した自然な産み分け法なので、確実性がない点だけ事前に理解しましょう。

産み分け成功率を高める3つのコツ

排卵日を意識する

産み分け成功率を高める上で欠かせないのが排卵日の把握です。女の子と男の子を希望する場合で排卵日の捉え方が少し異なります。

  • 男の子……排卵日当日にセックスを行う(排卵日当日は膣がアルカリ性に保たれる可能性が高まります。ゆえにY精子に有利な環境を作れるので男の子を授かる可能性が高まります。)
  • 女の子……排卵日の前日または2日前にセックスを行う(このタイミングは、膣が酸性に近づく時期です。女の子精子のX精子に有利な環境を作ることができます。)
上記の通りとなっています。基礎体温を毎日同じ時間に計測して排卵日を把握する方法もありますが、排卵検査薬を使用して予測精度を高める工夫や、産婦人科医に相談してもっともおすすめな排卵検査薬をチョイスしましょう。毎日の検査でより産み分け成功率を高めること間違いなしです。検査するのがおっくうな日もあるかと思いますが、未来の家族計画のためにコツコツ続けましょう。

セックスの方法を工夫する

女の子が欲しいならあっさりで浅い挿入のセックスを、男の子が欲しいなら盛り上がる深い挿入のセックスをすると、産み分け成功率を高めます。これも上記で紹介した膣内環境を希望する性別の子供が授かりやすいようにするための工夫です。一概に言えませんが、女性の気分が盛り上がると膣がアルカリ性に傾きやすいと言われています。ゆえに男女の性別によってセックスの方法も工夫する必要があります。

産み分けゼリーを使う

産み分けゼリーを使うことで男性の性染色体であるX染色体とY染色体のどちらが女性の性染色体であるX染色体と受精するかをコントロールすることができます。上記で紹介したように産み分けゼリーを活用することでX精子とY精子、それぞれが有利になる膣環境を実現することができます。産み分けゼリーを使うことで産み分け成功率を高めることができます。しかし、使うタイミングや環境によって成功率は変わってきます。また、産み分けゼリーを使ったら100%希望する性別の赤ちゃんを授かれるワケではない点だけ理解しましょう!

グリーンゼリー、ピンクゼリーという産み分けゼリーが有名ですが、使い勝手と衛生面の点で当サイトではおすすめしていません。ベイビーサポートやハローベビーガールの方を推奨しています。なお、グリーンゼリー、ピンクゼリーを購入する時は生み分けネットオンラインショップの登録が必要で会員登録費用が5,000円かかる点も注意が必要です。

記事始めの目次に戻る

病院やクリニックのパーコール法はどうなの?

産み分け病院や産み分けクリニックで受けられる産み分け法のひとつにパーコール法があります。パーコール法を簡単に説明すると男性の精液をパーコール液という液体につけて、性染色体であるX染色体とY染色体を分離して卵子と受精させる方法です。一見すると分離しているので成功率が100%と感じると思いますが、そこまで精度は高くありません。一般的に70%程度の成功確率と言われています。デメリットとして費用が5万円程度かかります。

性別が決まる仕組みと女性の体の仕組みを活用した自然な産み分け法である、産み分けゼリーの活用を推奨するクリニックや病院が増えています。筆者も個人的にパーコール法より産み分けゼリーの方が手軽に自宅で出来るのでおすすめできます。

産み分けゼリーのベイビーサポートの公式サイトをチェックしてみてください。パーコール法の5分の1程度の価格で自宅で手軽に出来る産み分けゼリーです!

公式サイトで購入する

まとめ

いかがだったでしょうか。ベイビーサポート以外で産み分け成功率を高める3つのコツを紹介しました。ここで紹介したコツを活用しつつベイビーサポートを産み分けに取り入れてください。ベイビーサポートは、自宅で出来る体の仕組みと男女の性別が決まる仕組みを活用した自然な産み分け法です。後ろめたい気持ちを持つ必要はありません。下記の記事でベイビーサポートについて詳しく紹介しています。希望する性別の赤ちゃんが欲しいなら合わせてチェックしてみてください!

ベイビーサポート産み分けゼリーの体験談と口コミQ&Aを紹介しています。初めてベイビーサポートを使おうとしている人は今すぐチェック!