産み分け病院を利用するメリットデメリットとは

スーツの男性閃き

産み分け病院を利用するメリットデメリットをご存知ですか? 産み分け病院は全国的に数が多くなく政令指定都市以外だと極端に数が少なくなってしまいます。しかし、産み分けを実施する夫婦は圧倒的に少数派となるためニーズが満たされていないとも言えません。そこで今回は、産み分け病院で医師に相談した上で産み分けをしたいと考えている夫婦のために産み分け病院を利用するメリットデメリットを紹介していきます。

産み分け病院のメリット

客観的な意見をもらえる

医師の知識で産み分けに関する客観的な意見をもらうことができます。夫婦の体調管理を行うことも産み分けを行う上で重要なポイントとなります。

専門的な知識を得ることができる

産み分け院の豊富な知識を持った医師だからこそ知っている専門的な知識を得ることができます。しかし、インターネット・SNSの普及により産み分けに関する情報もネット上に多く存在します。また、産み分け専門の医師が書籍などで専門的な産み分け知識を紹介しています。産み分け病院に通わなくても知識を得ることはできる環境が整っています。

産み分け病院のデメリット

有名病院の予約が取りづらい

東京、大阪、福岡、名古屋などの大都市圏で有名な産み分け病院ほど人気があるので予約が取りづらくなります。せっかく産み分け病院に行くなら人気のある病院で相談したいですよね。

費用がかかる

産み分け病院に通う費用がかかります。病院によって変わりますが、産み分け病院に行くと排卵日の把握を目的として基礎体温の計測を指示されるケースが多いです。少なくとも3回から4回通うことになるので電車賃と受信料がかかってきます。また、最近は産み分け病院でも産み分けゼリーを推奨されるケースが多くなってきています。産み分け病院にかかる費用を出費するぐらいなら産み分けゼリーを使った方が良いでしょう。

産み分け病院に通っても産み分けに100%成功しない

産み分け病院に通っても産み分けに成功したワケではありません。あくまで医師としての立場で産み分けに関するアドバイスをもらえるぐらいです。それこそ、体調管理をしっかり行って夫婦の営みを工夫しましょう、ストレスを感じないで過ごしましょう、といったようなアドバイスになるケースもあります。実践的なアドバイスや踏み込んだアドバイスはもらえないと思っておきましょう。

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。産み分け病院を利用するメリットデメリットを紹介しました。2人目、3人目の妊娠でも産み分けは初めてという方も少なくありません。100%確実に産み分けを行う方法は存在しないので、パーコール法、タイミング法、産み分けゼリーなどを使用しても確実な成果を出すことはできませんが、希望する性別の子供を授かる可能性を高めることはできます。理想の家族計画を実現するために産み分け病院も推奨する産み分けゼリーから始めてみてはいかがでしょうか。なお、産み分けゼリーに関してはベイビーサポートとハローベビーという商品が存在します。それぞれ類似した特徴でほとんど同じ価格帯で購入できます。気にいる方の産み分けゼリーを検討してみてください。

発売から4年経過して大人気の産み分けゼリーのハローベビーガールの効果と体験談とよくある口コミQ&Aをまとめて紹介しています。
ベイビーサポート産み分けゼリーの体験談と口コミQ&Aを紹介しています。初めてベイビーサポートを使おうとしている人は今すぐチェック!
スポンサーリンク