ベイビーサポートで失敗する人に共通しているポイント3選

ママと赤ちゃん

ベイビーサポートで失敗する人に共通しているポイントをご存知でしょうか? 産み分けゼリーのベイビーサポートは、膣のpH値を酸性またはアルカリ性にコントロールすることで希望する性別の子供が授かる可能性を高める目的の商品です。
医療行為ではないので、100%産み分けに成功するワケではありません。しかし、ベイビーサポートを使う夫婦はどうしても女の子が欲しい! といったような考えを持っていると思います。だったら、後悔しないようにできることは全てやると良いでしょう。そこで今回は、ベイビーサポートで失敗しないための正しい使い方を理解しましょう。初めてベイビーサポートを購入するなら事前に確認しておきましょう。産み分けゼリーの正しい使い方をして夫婦で出来る産み分け法を実践すれば80%の成功率と言われています。

ベイビーサポートで失敗するポイント

ベイビーサポートで失敗するポイントをまとめて紹介していきます。ここで紹介するタイミング法は、産み分けゼリーに限らず産婦人科で産み分け指導する時に活用される方法です。しっかり理解することでベイビーサポートの成功確率をさらに高めることができます。

排卵日を把握せずに使用している

排卵日の2日前か前日に妊活を行えば女の子を授かる可能性が高くなります。逆に排卵日当日に妊活を行えば男の子を授かる可能性が高くなります。これは膣内pH値がそれぞれの性別の子供を授かる精子に有利な環境になるからです。ベイビーサポートはそれぞれの性別の子供が授かりやすい環境を作ってくれますが、排卵日を利用しない手はありません。逆に少しでも可能性を高める努力をしないと希望する性別の子供は授かれません。

女の子が生まれるにはX精子、男の子が生まれるにはY精子が卵子と受精する必要があります。排卵日前日は腟内が酸性に保たれてX精子が活発に活動しやすい環境になります。排卵日当日は腟内がアルカリ性に保たれてY精子が活発に活動しやすい環境になります。

正しいタイミングで使用していない

ベイビーサポートを使用するタイミングは男性器の挿入直前となっています。仲良しの時間が始まってすぐに使用するとゼリーこぼれや効果を半減させることにつながります。少しでも産み分け成功の確率を高めたいならメーカーが推奨する正しい使用方法を心がけましょう。繰り返しになりますが、ベイビーサポートゼリーを膣に注入するタイミングは男性器の挿入直前です。

ベイビーサポートの使用期限は製造日から2年間です。使用期限が過ぎたベイビーサポートを使うことも産み分けに失敗する可能性を高めてしまいますので、ご注意ください。

ベイビーサポートの使用を忘れる

ベイビーサポートの使用忘れ、これも多いのではないでしょうか。旦那さんが非協力的でベイビーサポートを使用しないで妊活を行う日がある……このケースがもっとも多いと思います。サプリやダイエットでもそうですが、続けることが難しいですよね。うっかりベイビーサポートを使い忘れてセックスをしてしまうこともあると思います。これだけは避けるようにしましょう。使わなければ全く意味がありません。

排卵日に合わせたベイビーサポートの使用は、産み分け産婦人科やクリニックでも推奨されている方法です。少しでも産み分け成功率を高める努力が重要といえます。

⇒⇒最大30%OFFでお得に購入できるベイビーサポートの公式サイトはこちらをクリック

まとめ

いかがだったでしょうか。ベイビーサポートで失敗する人に共通しているポイントを紹介しました。一番最初に紹介した排卵日を把握せずに使用している点を特に注意しましょう。排卵日を把握することで希望する性別の子供を授かる可能性を高められます。ここで紹介した情報を元にベイビーサポートを生活に取り入れてください。未来の理想の家族計画を実現させるために行動あるのみですよ! なお、細かいことはいいから少しでも成功率を上げたい気持ちで使うなら何も気にせずにベイビーサポートだけ使用する方法もアリだと思います!

公式サイトで購入する

スポンサーリンク