ハローベビーガールは排卵日当日に使う方がいいの?

手を洗う女の子

ハローベビーガールは、ベイビーサポートガールと同等の効果を持つ女の子の産み分け成功率を高める産み分けゼリーです。ハローベビーガールを膣内に注入するだけで産み分け成功率を高めてくれる商品で多くのママから口コミ評価が高く、販売実績4年以上で20万本以上の出荷実績がある商品です。妊活夫婦ネットワークでは有名ですが、ハローベビーガールの効果をより高める手段として排卵日の前後に夫婦の営みを行うテクニックが存在します。そこで今回は、ハローベビーガールと排卵日の関係性について紹介していきます。

ハローベビーガールを使うタイミング

ハローベビーガールを使うタイミングは、排卵日の2日前か前日がベストです。なぜなら、排卵日前は膣内が酸性に保たれやすくなります。女の子を授かるX精子は酸性だと活動量が多くなります。ハローベビーガール自体も男性器の挿入前にゼリーを膣内に注入して酸性に傾ける効果がある商品です。ゆえに排卵日の前日か2日前にハローベビーガールを使うことによって、より確実に膣内を酸性に傾けることができます。男の子精子のY精子は、酸性だと活動量が弱まり卵子と受精する確率を下げることができます。なお、ハローベビーガールは排卵日当日に使うと、本来得られる効果を得づらくなります。排卵日当日は膣内がアルカリ性になりやすくなります。膣内がアルカリ性の状態でハローベビーガールを使用しても大きな効果を得ることはできません。ご注意ください。

排卵日を調べる手間をかけたくない女性もいると思います。そのような時は割り切ってハローベビーガールだけを使う産み分けという形にするのもひとつの手法と言えます。夫婦のライフスタイルに合わせた妊活をおすすめします。がんじがらめのルールで妊活をするのも大変ですからね。

まとめ

いかがだったでしょうか。ハローベビーガールの効果を高めるなら排卵日の2日前か前日に夫婦の営みを行うとより盤石の体制で成功率を高めることに大きく寄与します。排卵日のタイミングを間違うとハローベビーガールの効果を大きく半減させてしまいます。たしかに排卵日を把握せずに大体のタイミングでハローベビーガールを使うのもおすすめですが、なるべく高い確率で産み分けを行って女の子を授かりたいなら最低1ヶ月間基礎体温を計測して排卵日の特定が重要となってきます! ここで紹介した情報がハローベビーガールを使用する女性の参考になれば幸いです。まだハローベビーガールを購入していないなら下記から公式サイトに移動して購入してください!

公式サイトで購入する

スポンサーリンク