排卵日を把握する3つの方法

観覧車にのる女性

排卵日を把握することで妊娠成功確率と産み分け成功確率をアップさせることが可能です。そこで今回は、排卵日を把握するために実施すべき3つの方法を紹介していきます。妊娠と産み分けを行う上で排卵日が重要な理由は、排卵日のタイミングで産み分けと妊娠成功確率が変わるの?という記事で紹介しています。合わせてチェックしてみてください。

排卵日を把握する3つの方法

排卵日を把握する方法は多くありません。なお、産み分け産婦人科に相談することで排卵日を把握する方法は教えてくれますが、排卵日を教えてくれるワケではないのでご注意ください。

基礎体温を計測して排卵日を把握

毎日決まった時間に基礎体温を計測することで排卵日を把握することができます。最低2ヶ月間、計測して急にがくんと体温が下がる日があります。その日が排卵日の可能性が極めて高いです。基礎体温の計測は精度が高いOMRONの体温計を使うことを推奨しています。なお、手書きで基礎体温をメモっているとグラフで見たりするのに手間がかかるのでスマホアプリで基礎体温の記録をつけていく方法がおすすめです。

基礎体温の計測は、毎日決まった時間。特に寝起きがおすすめです。起きてすぐ動くと体温が乱れやすくなるので目覚めたタイミングですぐに基礎体温を計測する習慣をつけると安定して基礎体温を計測することができます。

排卵検査薬を使用する

排卵検査薬に内蔵されているセンサーがLHホルモンに反応することによって排卵日までの日数を予測できます。国内で販売されている排卵検査薬はセンサーの感度が高いので、高い精度で排卵日の予測をすることができます。排卵日当日がもっともLHホルモンの数値が上昇します。ゆえに基礎体温を確認しながら、排卵検査薬を使用していればかなり高い精度で排卵日の特定が可能となっています。

商品によって排卵日がどれぐらい前から確認できるか異なってきます。値段が高ければ高いほど、排卵日の予測精度が高いです。5日前から排卵日予測を出してくれる排卵検査薬も存在します。

産み分け産婦人科に相談する

産み分け産婦人科に相談する最大のメリットは、自身で行っている排卵日把握の方法に間違いがないか、基礎体温の計測で導き出した排卵日予測の精度などを確認して保険をかけることと言えます。産み分け産婦人科の医師は、専門的な視点で排卵日に関するアドバイスを教えてくれます。理想は排卵日の把握をする前に産み分け院で相談して正しい基礎体温の計測などをしっかりレクチャーを受けるとより良い結果を生みます。

まとめ

いかがだったでしょうか。排卵日を把握する方法を紹介しました。ここで紹介した情報を参考に排卵日のチェックをしてみてくださいね!

スポンサーリンク