女の子の産み分け法とは?排卵日と精子の種類が重要!

笑顔の女性

自宅で夫婦で出来る自然な女の子の産み分け法は、体の仕組みと男女の性別が決まる仕組みを理解することで実践することができます。では、女の子を授かるために理解、そして実践しなければいけないことはどのようなことがあるのでしょうか。今回は、女の子の産み分け法を紹介します。食事や病院で行う産み分け法ではなく、誰でも手軽に自宅で取り入れられる方法となります。なお、ここで紹介する女の子の産み分け法は排卵日の把握と精子の種類が大きく関係してきます。順に説明していきますので、上から順に読み飛ばさずに理解していきましょう!

男女の性別が決まる決め手は男性の精子

男女の性別が決まる決め手は、男性の精子の種類です。子供の性別は性染色体によって決定されます。XX性染色体で女の子、XY性染色体で男の子が生まれる仕組みになっています。女性はX性染色体しか持っていないので必然的に男性の精子の種類によって染色体が決定します。このことから、男性の精子の種類が重要とされています。男性の精子には、X精子とY精子の2種類が存在します。そうです、X精子が卵子と受精すればXX染色体の女の子が生まれます。Y精子が卵子と受精すればXY染色体で男の子が生まれます。このように2つの性染色体を持つ男性のどちらの精子が卵子と受精するかで性別が決まります。

X精子とY精子には特徴がある

X精子とY精子には特徴があります。それは、X精子は活動量が弱く生命力が高い(酸性に強くアルカリ性に弱い特徴もあります)、X精子と比較するとY精子は正反対で活動量が多く生命力が低い(酸性に弱くアルカリ性に弱い特徴もあります)特徴があります。要するに膣内環境を酸性にすると女の子を授かるX精子が有利な環境になって、膣内環境をアルカリ性にすると男の子を授かるY精子が有利な環境になります。これを実現するために排卵日の把握と産み分けゼリーが重要となります。

排卵日によって膣の環境が変わる

女性の膣は雑菌の侵入を防ぐために基本的に酸性に保たれています。特に排卵日の前日と2日前はより酸性に保たれやすくなります。そして排卵日当日はアルカリ性に傾きやすくなります。女の子の産み分けをするなら、排卵日を把握して前日か2日前にセックスを行うことで女の子精子のX精子が卵子と受精しやすくなります。

なお、排卵日2日前はもっとも妊娠成功率が高く、排卵日当日はもっとも妊娠成功率が低くなります。男の子の産み分けを行うよりは女の子の産み分けを行うほうが妊娠成功率が高くなるので嬉しいですね。

排卵日の把握には基礎体温の計測と排卵検査薬

排卵日の把握には30日以上の基礎体温の計測が欠かせません。理想を言うなら事前に産婦人科で基礎体温の計測方法を教えてもらってから計測して、その結果を病院で診てもらうと良いでしょう。なお、排卵検査薬を活用することで排卵日を精度高く把握できるようになります。ただし、あくまで排卵日の予測なので100%正確に把握できるわけではありません。基礎体温の計測と排卵検査薬の両軸でアプローチすると精度が高くなります。

記事始めの目次に戻る

産み分けゼリーで膣環境をコントロール

ハローベビー
産み分けゼリーで膣環境をコントロールすることができます。女の子が欲しいならハローベビーガールなどの産み分けゼリーを使用することにより、膣環境を女の子精子のY精子が受精しやすい酸性に傾けることができます。排卵日のタイミング法と併用することで産み分け成功率を高めることができます。

産み分けゼリーはパーコール法と比較しても自宅で安価に簡単にできることから、産み分け院などでも推奨されています。

まとめ

いかがだったでしょうか。女の子の産み分け法を紹介しました。ここで紹介した以外にも様々な産み分けテクニックが存在します。中国産み分けカレンダー、コーヒーで産み分け、セックスの方法で産み分け、多種多様な種類の産み分け法がありますが、自宅で出来る産み分け法としては、ここで紹介した排卵日の把握と産み分けゼリーを使った方法がもっとも手軽で効果が実感できる方法と言えます。まずは、産み分けゼリーを公式サイトで購入してみてください。下記の記事でおすすめの産み分けゼリーをランキング形式で紹介しています!

公式サイトで購入する

産み分けゼリーのおすすめ人気ランキングを紹介します。初めて産み分けゼリーの購入を検討している方は要チェックですよ!
スポンサーリンク