ベイビーサポートガールで女の子産み分け成功率が高まる理由

女性の手と閃きアイコン

ベイビーサポートガールは、女の子産み分け成功率を高める産み分けゼリーです。ママ友に勧められて産み分け効果があると信じて使っている女性も多いと思います。ベイビーサポートガールは、医薬品ではないので100%に近い確率で効果を実感できる商品ではありません。しかし、女の子の産み分け成功率を高めるのも事実です。詳しい仕組みを知らなくても産み分け成功率が高くなるのが分かればいい人がいる反面、なんで産み分け成功率が高まるか論理的に理解したい女性もいます。そこで今回は、ベイビーサポートガールで女の子産み分け成功率が高まる理由を具体的に紹介していきます。

女の子が生まれる仕組み

男女の性別が決まる仕組みとして一番重要なのが、男性の精子の種類です。精子には女の子が生まれるX精子と男の子が生まれるY精子が存在します。女の子を授かるにはY精子が卵子と受精するのを防ぎつつ、X精子を卵子に受精させるだけでOKです。まず、最初にここを理解することがベイビーサポートガールで女の子産み分け成功率が高まる理由を理解するのに重要です。

X精子とY精子の特徴

X精子とY精子は、正反対の特徴を持ちます。X精子は酸性に強くアルカリ性だと活動量が著しく落ちる、Y精子は酸性に弱くアルカリ性だと活動量が飛躍的に高まる。要するに女の子を授かりたいなら膣のPh値を酸性にしてX精子の活動量を上げつつ、Y精子の活動量を下げれば良いのです。それによってX精子が卵子と受精する確率を相対的に高めることができます。

ベイビーサポートガールはX精子に最適な環境を作る

ベイビーサポートガールは、産み分けゼリーを注入することにより膣内のPh値を酸性に変化させることができます。それによりX精子が有利な環境を作り出します。これがベイビーサポートガールが産み分け成功率を高めると言える理由となっています。冒頭に紹介したようにX精子が有利になるだけでY精子が受精しない確率をゼロにすることはできません。ゆえにベイビーサポートガールを使用しても女の子の産み分けに失敗する確率があります。

ベイビーサポートガールを使用するのは、排卵日の2日前か前日がおすすめです。排卵日前は膣内が酸性に保たれるケースが多いです。ゆえにこの時に妊活してベイビーサポートガールを活用すればさらに女の子の産み分け成功率が高くなります。

まとめ

いかがだったでしょうか。ベイビーサポートガールで女の子の産み分け成功率が高まる理由を紹介しました。ここで紹介した情報がベイビーサポートガールの購入検討の参考になれば幸いです。

公式サイトで購入する

スポンサーリンク