ベイビーサポートは体に害を及ぼす副作用があるの?

遊ぶ赤ちゃん

ベイビーサポートは体に害を及ぼす副作用があるのでしょうか。実はベイビーサポートは、体に悪影響を及ぼす副作用や危険性の報告は過去にありません。安心安全性を重視した商品となっているのが大きな要因と言えます。今回は、ベイビーサポートが副作用なく安心安全に使い続けることができる理由を論理的に紹介していきます。

ベイビーサポートの副作用

ベイビーサポート
ベイビーサポートは国産の天然成分を黄金比率で配合したメイドインジャパンの産み分けゼリーです。国内のクラス10,000以下のクリーンルームで製造されています。クリーンルームと言われてもよく分からないと思いますが、簡単に言うと医療機器を製造する環境と同等レベルの衛生環境で製造しており、製造ミスなどが起きない環境となっています。さらに使用している成分は全て公開されており、水、プロパンジオール、乳酸、ヒアルロン酸Na、チャ葉エキス、カルボマー、ポリアクリル酸Na、塩化Na、BG、アルギニン、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール、メチルパラベンを元に製造されています。全て天然由来の成分となっているので安心安全に利用できます。フェノキシエタノール、メチルパラベンは防腐剤となっていますが、商品の成分量の1%程度しか使用していない上に認定機関の安全性テストも受けているので体に害を及ぼす可能性はほぼゼロと言えます。

ベイビーサポートは、口から体内に取り入れる商品ではありません。あくまで膣内から注入する産み分けゼリーなので体内に入ることはありません。さらに経口テストも実施済みで間違って口に入ってしまっても安全な商品です。

ベイビーサポートは効果あるの?

ベイビーサポートは、お試し1セット購入で7本入っていて1本あたり1,970円の出費がかかります。それに見合う効果があるの?と感じると思います。結論から言うと価値の感じ方は異なりますが、効果はあります。
ベイビーサポートに含まれる成分で重要なポイントがPh値調整ができるアルギニン、クエン酸などの成分です。実は、膣内のPh値コントロールが男の子女の子の産み分け成功率に大きく影響してくるのです。精子はX精子とY精子の2種類が存在していて、X精子が卵子と受精すれば女の子が生まれる、Y精子が卵子と受精すれば男の子が生まれます。要するにそれぞれの精子が無事に卵子と受精すれば希望する性別の子供を授かる可能性が高くなります。
膣内のPh値は酸性かアルカリ性に保たれていて、X精子は酸性に強くアルカリ性に弱い、Y精子は酸性に弱くアルカリ性に強いという特徴を持ちます。それぞれの精子が正反対の特徴を持つので膣内のPh値をどちらかに傾ければ、活発な環境で生きられる精子が卵子と合体する可能性が高くなります。Ph値の調整をベイビーサポートが担ってくれるので産み分け成功率を高めることができます。

ベイビーサポート1回の使用で2,000円の価値があるのをご理解いただけたと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。ベイビーサポートは副作用の危険性なく利用できます。それと共に体の仕組みに基づいた論理的な理由から産み分け成功率を高めるといえます。ベイビーサポートを使ったからと言って100%成功するワケではありません。失敗する可能性もある点だけ念頭に置いておきましょう。やらないよりはやった方が確実に成果を出せます。まずは、ベイビーサポートの公式サイトをチェックしましょう!

公式サイトで購入する