男の子の産み分けをするのに適した方法は産み分けゼリー?

サンタ帽を被る女性

男の子の産み分けよりも女の子の産み分けの方が圧倒的にニーズを持っているのは誰もが知っていると思います。しかし、男の子を授かりたいニーズも根深いですよね。純粋に息子が欲しいと考えている夫婦もたくさんいますが、中には自営業の跡取りに男の子が欲しい……両親から男の子を産んでほしいという要請を受けている……このようなニーズから確実に男の子を授かることを目的として男の子用の産み分けゼリー(ハローベビーボーイ、ベイビーサポートボーイ)を利用する夫婦がいます。そこで今回は、男の子の産み分けをするのに適した方法は産み分けゼリーなのかを紹介します。

男の子の産み分けゼリーの特徴

男の子の産み分けゼリーの特徴は下記の通りです。

  • 膣に注入することでPh値をアルカリ性に傾ける効果が期待できる
  • 簡単30秒のワンプッシュでゼリーを注入して容器をゴミ箱に捨てるだけ
  • 完全個装で衛生管理が行き渡っている

上記のようにジェルタイプの産み分けゼリーを膣に注入することだけを目的とした商品です。膣内環境をアルカリ性に傾けることで、男の子が生まれるY性染色体の精子が卵子と受精しやすい環境を作ってくれます。膣がアルカリ性になると女の子のX性染色体の活動量が極端に弱くなります。それによりX性染色体が卵子と受精する確率を下げてくれます。このような仕組みで男の子の産み分け可能性を高める効果が期待できる商品となっています。この方法は、産み分け医院でも体に負荷がかからない自然な産み分け法として推奨され始めています。あまり有名でないのは、そもそも産み分けを検討する夫婦が少ないからです。

産み分けゼリー以外の産み分け法

産み分けゼリーを使用する以外の産み分け法として、タイミング法やパーコール法などが上げられます。実は、タイミング法は産み分けゼリーとほとんど一緒の方法となります。タイミング法とは、排卵日の時期を見極めて排卵日の時期に合わせてセックスをする方法となります。仕組み自体は産み分けゼリーと同じで、排卵日当日は膣がアルカリ性になるので男の子を授かりやすい、排卵日前日または2日前は膣が酸性に保たれるので女の子を授かりやすい状態となります。産み分けゼリーと全く同じですね。ゆえに排卵日も把握した上で産み分けゼリーも併用すると大きな効果を実感できる可能性が高くなります。

パーコール法とは

パーコール法は男性の精子をX精子とY精子に振り分けて希望する性別の子供の精子を卵子と受精させる方法となります。産み分け院や産み分けクリニックで5万円程度の費用で対応してくれますが、産み分け成功率が高くない点と費用が高い点で多くの産み分けカップルから敬遠されてしまう方法となります。また、病院まで足を運ばないといけないので、知人にバレたりするリスクがある上に手間がかかる方法なのも相まって敬遠されています。

リンカルもおすすめって聞くけど?

よく男の子の産み分けをするならリンカルを飲むべきという口コミを見るけど実際はどうなの? と考える方も多いです。リンカルはリン酸カルシウムの略称でリンカルと呼ばれています。元々は葉酸と同じように生まれてくる赤ちゃんの体に障害)(先天性異常)が出ないように飲み始める目的で考えられた商品で、不足しがちなカルシウム、鉄分、リンの摂取を補う効果が期待できるサプリメントの1種です。あくまで妊活中に不足しがちな栄養素のサポートを目的とした商品です。リンカルだけで男の子の産み分け成功率を高めることはできません。飲まないよりは飲んだほうが良いのは間違いありませんが、リンカルに過度な男の子の産み分けを期待するのは推奨できません。

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。男の子の産み分けをするのに適した方法は産み分けゼリーです。産み分けに罪悪感やネガティブな印象を持つ方が多いですが、ハローベビーボーイなどで行う産み分け行為は、自然に出来る産み分けテクニックと言えます。産み分けを行うと男の子を授かる可能性が高くなります。確実に男の子を授かれるワケではないデメリットは存在しますが、やって損や後悔することはありません。まずは、自宅で手軽に出来る産み分けテクニックのベイビーサポートを検討しましょう。公式サイトをチェック!

公式サイトで購入する

スポンサーリンク